生活について  その他
その他の留意点
① 貴重品は、利用者の責任で管理保管をしてください。
   各棟の引率者用宿泊室に金庫があります。
② 体育館を利用する場合は、室内用シューズを御持参ください。
  ※雨天時の利用予定でも、念のため御持参ください。
③ 標高が高く(約900m)、平地に比べて気温が約5℃低くなります
  ※朝夕は特に冷え込みますので、体温調整に備え、御準備ください。
④ 病院への搬送は、利用団体で行ってください。
   救急車は、到着までに早くても30分程度かかります。
⑤ 緊急時に備え、非常口、避難経路の確認をしておいてください。
⑥ 火災、地震、襲雷などの非常時には、「全館緊急放送」の指示に従ってください。
   特に、夏季は雷の発生が多くなります。
   警報解除の放送があるまで、室内、屋根下で待機してください。
⑦ 避難場所は、「多目的広場」です。
⑧ 活動や緊急時に必要な車両は、利用団体で用意してください。
⑨ 器物の破損・紛失等があった時は、事務室へ届けてください。
⑩ 指定された場所以外は、車両の乗り入れは禁止です。
   必要のある場合は、事務室へ御相談ください。
 
※詳しくは、「利用ガイドブック」25ページにあります「参加者事前周知事項」を御参照ください。