活動プログラム作成要領

活動計画作成にあたって

(1)活動計画作成上の基本的事項
  • 大滝げんきプラザの機能、特性をふまえ、活動の成果をより高める内容、方法を考える。
  • 内容、方法などで無理のないよう、全体的な調和を図る。=ゆとりある展開=
  • 健康管理、安全等に配慮する。
  • 野外活動等の体験活動を積極的に取り入れる。(雨天時の活動計画の準備)
  • コース別活動計画の場合は、事前にコース別の人員を把握し、指導体制を確立する。
  • 講師依頼の内容は「依存型」にならず、主体的な学びとなるよう、参加者の実態に応じた効果的な指導の在り方を考慮する。
(2)事前打合せ及び活動計画作成の相談
   活動計画の内容を充実させるために、事前に現地踏査を実施することを推奨
  いたします。実際の活動場所や学習用具が見られるだけでなく、専門知識をも
  った職員が事前打合せ及び活動計画作成の相談に応じます。
   現地踏査にいらっしゃる際は、原則一か月前までに御連絡の上、御来所くださ
  い。なお、学校関係者様には、小・中学校を対象とした「学校利用説明会」を
  毎年、年度当初に開催しておりますので、御利用ください。
(3)参加者の実態にあった活動で、学びの充実を
  • スポーツ活動、レクリエーション活動(きずなプログラム・野外オリエンテーリング等)の指導については、団体の指導者が主体的に行うように計画してください。
  • 体験的活動・学習的活動については、必要に応じて講師を依頼することができます。その場合、1グループを30~35人以下(林業体験等は15人)で構成してください。
  • 講師を依頼する場合の活動時間は下表を参考にしてください。  
  • 木工室を使用した体験活動は1講座までです。同時開設はできません
  • 談話室で同時に開設できる体験活動は、4講座までです。
  活 動 時 間 備    考
午 前 9:00~12:00  
午 後 13:00~21:00 各施設を使用した活動は、午後9時までです。 

※活動時間には、準備・清掃の時間を含めてください。