げんきプラザブログ

カテゴリ:近況報告

ヤマボウシ

 

 大滝げんきプラザのセンター棟入口付近のヤマボウシの木には、ピンクの実がなり始めました。毎年に利用者でいっぱいの夏も今年は静かに過ぎようとしています。

 9月1日より、9月日帰りハイク・10月主催事業の受付が始まりました。日帰りハイクは、半日で定員となり、主催事業も続々とお申し込みをいただいている状況です。申込み状況を見るだけで、職員一同、事業ができる喜びでいっぱいです。また、皆様のコメントを見ると「大滝げんきプラザの主催事業を待っていてくださったのだなあ」ということが感じられます。

 とはいっても、新型コロナウイルス対策は必須です。本所では、新型コロナウイルスに係る受入ガイドラインを策定し、万全な体制で皆さんをお持ちします。利用者の皆様が来られるのを心待ちにしています。(所長)

 

0

8月21日 ハイク下見

先日、9月に行われる皆野アルプスハイクの下見を行いました。朝から高い気温で破風山山頂に着く頃には汗だくになりました。しかし、頂上からの景色は、正面に武甲山、眼下には横瀬・秩父・皆野の町並みが見え、とても素晴らしかったです。

本日は、10月に行われる国立公園70年記念ハイクでの三峰神社から妙法ヶ岳(奥宮)へのハイクの下見を行いました。こちらもとても素晴らしい景色を見ながら気持ちよく歩くことができました。

両日とも、天候に恵まれ、皆様と一緒にハイクができることを祈っております。

0

8月4日 トンボが遊びに来ています

トンボの体の特徴は、2つの大きな複眼と分厚い胸部、細長い胴体です。移動のほとんどは飛行です。

オスは強い縄張り意識をもち、繁殖期には縄張り内に入った他のオスを威嚇して、激しく争う姿も見られます。このことからも「空中最強の昆虫」と呼ばれているそうです。

先日梅雨明けし、山の下では、連日気温が高くなっています。先日まで見られなかったトンボが、大滝げんきプラザの涼しい場所で避暑を楽しんでいるように飛んでいます。

 

0

7月17日 新型コロナウイルス拡散防止対策 2

新型コロナウイルス拡散防止対策の一環として、研修棟研修室のレイアウトが変わっております。

研修室、個人机の部屋では机を間引きし、3人机の部屋では椅子を間引きしました。ソーシャルディスタンスを保ちながら、研修や学習を行うことができます。

本所ホームページの重要なお知らせの所に、新型コロナウイルスに係るガイドラインも併せてご覧下さい。

0

7月9日 新型コロナウイルス拡散防止対策 1

新型コロナウイルス拡散防止対策の一環として、センター棟ロビーで作業をしました。

センター棟ロビーの受付・打合せ場所には、パーテーションを設置し飛散防止の対策をしました。また、皆様が休んでいた安楽椅子も撤去しました。そして、換気をよくするために送風機を設置しました。

利用者の皆様が、安心して施設を利用できるよう、これからも、新型コロナウイルス拡散防止対策をしていきます。また、その際は、ブログにて様子をお知らせします。活動の際の参考にしてください。引き続き、他の活動場所で作業を行います。

0

6月20日 大滝げんきプラザ周辺で見られる生き物

先日、大滝げんきプラザへ来る途中の林道で、鹿を目撃しました。

シカの白い尻毛を尾鏡(びきょう)といいます。緊張すると臀(でん)部の筋肉の動きで、白い尻毛が逆立ちます。群の仲間に警戒を喚起する役割もあるそうです。

その他に、はっきりと確認はできませんでしたがも目撃しました。

鹿は、こちらを振り返り人間がどのように動くか観察していて、狸は、こちらを振り返ることなく一目散に山の中に逃げて行きました。逃げる際の行動にも違いがあるのに気づくことができました。

林道は、多くの生き物がいます。本所にいらっしゃる際は、野生の生き物にお気を付けください。

0

6月14日 霧の景色

【なぜ霧は発生するのか】

空気には、水蒸気を含むことができる量に限界があります。中学校で習う飽和水蒸気量です。
その限界は、温度が高いほど大きく温度が低いほど小さくなります。雨が降った時には、空気中の水蒸気の量が多くなります。そして、温度が下がって限界に達すると、含みきれなくなった水蒸気が水滴として出てきて、霧になります。

秩父では、朝方に高い場所から見られる秩父雲海などが有名ですね。秩父観光なびのホームページなどに、雲海の様子が載っているので、見てみて下さい。

 

0

5月31日 バッタの・・・

先日、本所HPにも写真を載せましたが、ウスバアゲハとバッタの幼虫を発見しました。ウスバアゲハは完全変態(卵→幼虫→蛹(さなぎ)→成虫)で、バッタは、蛹(さなぎ)の時期がない不完全変態です。

バッタは幼虫の時、翅(はね)がなく、成虫になると翅(はね)があり、見た目があまり変わりません。

本所では、よく見かけるあのくさいにおいをだすあの虫も不完全変態です。なんだか分かりますか?ヒントは、”カ〇〇〇”です。

完全変態・不完全変態は、小・中学校で学習しますが、実際の生活の中で見つけられると楽しいですね。完全変態・不完全変態には、ほかにどのような生き物がいるか調べ、実際に探しに行くと面白いですね。

0

5月13日 職員作業

天気も良く作業日和でした。山の上は、お昼の時点で気温21度、湿度27%と作業しやすい環境でした。

大滝げんきプラザの所内に入ってくる場所の土止めの木が痛んで腐食が進んでいたので、新しいものと交換をしました。

0

5月5日 自然観察

本日、午前中はとても天気が良く、暖かったです。

本日、所内の危険個所の点検をしつつ、綺麗に咲いている花の観察も行いました。

みなさん、この中でいくつの花がわかりますか?全部わかる方は、お花のプロです。

0

5月4日 職員研修

職員研修として、枝と毛糸を使ったクロスウィービングの教材研究を行いました。

クロスウィービングの作り方は、とっても簡単です。

①用意するものは、枝2本、毛糸、ハサミです。

②2本の枝を、毛糸で結びます。

③1本の枝で、毛糸をくるっと回し、次の枝へいく。これの繰り返しです。

④途中で毛糸の色を変えても、きれいです。

⑤毛糸の結び目は、裏にくるようにすると、表がきれいになります。

⑥自分の好きな大きさまで毛糸を巻いていきます。

⑦最後に、毛糸をとめる時は、片結びのように結びます。

⑧そして、完成です。

ぜひ、おうちでも試してみて下さい。

0

4月30日 自然観察

3月下旬、大滝では30センチメートル近い積雪がありました。

数日後、施設点検のため敷地内を歩いていたところ、野生動物の足跡と雪の上に体毛を見つけました。

雪解けが進み、足跡の形はわかりにくくなっていますが、おおよその形はわかります。さて皆さん、冬毛から夏毛に生え変わるために落ちたこの体毛、どんな動物の落とし物かわかりますか。

ヒントは、やわらかく、白みがかった灰色です。足跡の形もヒントです。

0

4月29日 大滝の大自然

①「ピーヨロー」②「ホーホケキョ」③「キュウィッキュ キュウィッキュ・・・」

ハンターゲームの点検をしていると、大滝の雄大な自然が迎えてくれます。いろいろな鳥の鳴き声が、静かな森の谷間に美しく響き、まるで森の合唱団のようです。①は4年生の音楽にも出てくる有名なあの鳥です。②は春の代名詞とも言える超有名なあの鳥です。口笛で真似をしたら答えてくれているようで、会話をしている楽しい気分になりました。③はかわいい鳴き声はするのに、姿は全く見えません。鳴き声からしておそらく、全長11 cmほどの日本のカラ類の中では最小の種とされる黒褐色のあの鳥だと思います。皆さん、調べてみてください。

また、植物も色とりどりの顔を見せ、楽しませてくれています。まず目を引くのが研修棟のヤマザクラ。白く美しい花を無数に咲かせ、満開です。体育館脇の25mほどそびえ立つカツラの大木は、ハートの形のかわいらしい若葉が2㎝ほどになりました。滝沢ダムの谷向こうは少しずつ新緑を増やし、緑が濃くなってきました。そして、本所のシンボルともいえる多目的広場1のヤマザクラの大木は、蕾がパンパンに膨らみ、今にも開花しそうです。植物たちは、しっかりと次の季節に向けて準備を進めているのですね。

私たちも、皆様の御利用が戻ってくる日に向けて、しっかりと準備を進めてまいります。

 

 

0

4月29日 ハンターゲームの教材研究

現在、所内で行われている「ハンターゲーム」は、地図を頼りに所内に掲示してある動物たちの看板を見つけて回るゲームです。この学習効果をさらに高めるために、裏面に動物の写真と生態を加えた図鑑形式のゲームへと改善するために所内を巡ってきました。皆さんに挑戦していただける日が待ち遠しいです。

在宅の時間が長いこの時期だからこそ、みなさんも自分の図鑑を作ってみてはいかがですか。

0

4月26日 ストーンペインティング研修

「在宅で時間に余裕があり、何かしたいな」なんて思いませんか。

4月5日に紹介しましたストーンペインティングのコツを実践しながら紹介します。

今回のテーマは、在宅中の子供たちを励ます「メッセー字」!

「夢ある限り 努力は無限!! ~継続は力なり~」

この言葉は、常に笑顔と元気で困難に立ち向かい、道なき道を開拓してきた女子野球界の先駆者、片岡 安祐美さんがよく口にされる言葉です。

在宅ばかりで、窮屈で「辛い」かもしれませんが、あと一を足せば「幸せ」です。

皆さん、明るく前向きに頑張りましょう!

①身近な石を選び、よく洗って乾かし、デザインを考える→②細い油性ペンでレイアウト(後で色を付けていくとき細かな修正が可能なので、ここは大きさを決めるくらいで、形は大雑把でも可)→③色を付ける(本所はポスターカラーを使用)→④今度は先に色で大雑把に文字を書く→⑤油性ペンで上からていねいに文字を書き加える→⑥カラーで水玉を作り、その中に文字を書く→⑦側面にもメッセー字→⑧完成!

意外とはまって、身近な石が宝の山に見えてきます。

ぜひ、やってみてください。

4

4月26日 穏やかな春びより

今日のプラザは、風が無くとても穏やかです。

陽ざしもポカポカと温かく、すごく気持ちがいいです。

本来ならば、本日も御利用予定であった団体もありますが、今は利用者の皆様の姿が無く、寂しいです。

皆様に大滝を思い出していただきたく、オリエンテーリングコースの点検がてら春を探してまいりました。

青空をバックに、色とりどりの花がきれいですね。

空はつながっています。

一日も早く皆様にお会いできる日を、心待ちにしております。

 

0

4月25日 職員作業

本日より、9~3月の土日祝日の一般団体の一次受付が始まりました。

本日も出勤した職員は、電話受付と外での作業との2組に分かれて業務を行いました。

外での作業では、今まで炊事場周りに段差があり危険な場所がありました。その段差をなくすために砂利を敷きました。

利用者の皆様が安全に楽しく活動できるように、点検を行い、作業に努めています。

2

4月24日 職員研修 焼き板

新しい体験活動のプログラム作りとして、焼き板の研修を行いました。

地域の材木店から見本としていただいた木を使いました。今回は、研修として様々な大きさの板で焼き板に挑戦しました。

焼いた板をたわしで擦り煤(すす)をとり、布で磨きます。そして文字を書いて完成です。

板を焼く前に、デンプン糊で文字を書いたのを焼くと白く残り、綺麗な焼き板(大の文字)ができました。

焼き板への、'大滝げんきプラザ'の焼き印にも挑戦しました。

0

4月23日 施設点検・自然

本日の午後は、施設の点検を行いました。野外炊事場・多目的広場・遊歩道の点検を行いました。

施設点検途中、本所の入口の所に、綺麗な枝垂桜とハクモクレンの花が咲いていました。

本来なら、多くの方に見に来ていただきたいところでが、外出自粛中ですので、写真で皆様にお届けします。

0

4月22日 動物の足跡 パート2

ロビー棟前の多目的広場に動物の足跡がありました。前回の4月16日の足跡と少し違いました。

先日の動物の足跡は鹿でしたが、本日の足跡はイノシシでした。鹿の足跡に比べ、土が深くえぐれていました。

げんきプラザ所内を多くの動物が散歩をしています。

0