げんきプラザブログ

近況報告

はじめようハイキング 現地の様子 

5月27日に行われる日帰り主催事業「はじめようハイキング~自然観察と山歩き~(3回シリーズの第1回目)」の現地踏査を行いました。

現地踏査を実施した4月15日はすっきりとした青空で、気持ちの良いハイキング日和となりました。

今回は三峯山表参道コースのおよそ5㎞の道のりを、鳥の鳴き声や草花の芽吹きなど春を感じながら歩きつつ、コースの状況等を確認しました。道中、とある会社の新入社員の社員研修でハイキングをしている若者に出会い、初々しい様子を見てなんだか私自身も若返ったような気持ちになり、標高差700mの山道でも登りきることができました。到着した後に食べた秩父名物わらじカツ丼も絶品でした。

今回の日帰り主催事業は、タイトルの通り、ハイキングをこれから始めてみようと考えている方向けであり、山歩きのスペシャリストを講師に迎え、10月、2月と全3回の構成で行う予定となっております。

まったく初めて、という方には歩きがいのあるコースかと思いますが、講師の方の話を聞いたり、同じ目的の仲間を見つけたりと新しい発見や挑戦も多く、実りある体験にしていくよう考えています。

  

0

新しい出会い

4月になり、げんきプラザにも春がやってきました。本日も気持ちの良い青空となりました。

4月は出会いの季節。本所でも新しいメンバーを迎え、所員一同新たな気持ちで令和3年度をスタートいたしました。

今年度最初の主催事業である第1回学校利用説明会を4月6日に開催いたしました。本所を御利用予定の学校の担当者様を迎え、午前は施設の利用等についての説明や学校間の打ち合わせを行い、午後は施設見学や体験活動の一つである焼き板体験を行いました。特に焼き板体験は皆さんに好評で、楽しそうに活動していました。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、消毒や施設利用について、例年とは違った形でお願いをすることも多くありましたが、先生方はとても熱心に話を聞いていて、先生方の「今年こそは!」という熱意を感じることのできた1日になりました。こうした利用者の方の笑顔を今年はたくさん見られることを願っています。

今年度も広大な自然の中で、楽しく学べる様々な主催事業を計画しています。感染症対策を万全にしておりますので、興味のある方は、ぜひ御参加ください。所員一同心よりお待ちしております。

   

   

0

1月29日 主催事業参加者の方の声

昨年12月12・13日に行われた主催事業「星空を見よう ふたご座流星群」に参加していただいた御家族から、お手紙が届きました。

主催事業が楽しかったこと、美しい星空が思い出に残ったこと。コロナ禍の中でも、工夫した事業運営により、安心して参加できたことなど、とても心温まる内容でした。

なお、画像につきましては、御家族様に許可をいただき、掲載しております。

2月の主催事業は緊急事態宣言により中止になっておりますが、現在、3月の主催事業に向け職員一同準備をしております。ぜひ、主催事業が開催できましたら、多くの方に御参加いただければと思います。

0

1月7日 雪景色・足跡

昨日の昼ごろから雪が降り始め、本日、うっすらと雪が積もり、綺麗な雪景色が見られました。

雪景色を見ていたら、たくさんの動物の足跡を見つけることができました。動物たちは、広場で遊んでいたのでしょうか。写真の足跡は野兎の足跡です。人の足跡と大きさとも比べてみました。

可愛い足跡を見ることができたので、今度は実際に動物の観察ができればと思いますが、人がいるとなかなか難しいですね。

大雪にならずにホッとしましたが、これから大寒波がくる予報になっております。皆様も、体調に気を付けてお過ごしください。

0

12月主催事業「年の瀬手作りフルコース」が無事行われました。

 12月19日(土)から20日(日)にかけて、家族向けの宿泊主催事業を行いました。

 体験活動①では、所内を散策して木の実や葉などの自然物を集め、クリスマスリース作りをしました。今回は、カッターナイフで切り出して立体的に立ち上げた紙を台座にした作品です。一人一人の作品に創意工夫が見られました。

 体験活動②では、星空観察を行いました。澄み切った冬の空気の中、たくさんの星座がはっきりと全形を表し、木星と土星の超接近もばっちり観察することができました。

 体験活動③では、そばガレット作りを行いました。外国のそば文化をクイズ形式で最初に学び、家族ごとにホットプレートで焼いて食べました。また、途中で、本所で栽培したそばの実を石臼で挽く体験もしました。主食ガレットとデザートガレットを堪能していただき、そばの新たな魅力を体験していただいました。

 体験活動④では、レクリエーションで交流を深めました。大学生ボランティアの考えたゲームを皆で楽しみ、温かい雰囲気に包まれました。新型コロナウイルス対策も考慮しながらゲームを考えてくれた学生ボランティアの活躍がうれしかったです。

 体験活動⑤では、門松ケーキ作りに挑戦しました。参加者全員が初挑戦となった門松ケーキ作り。家族内で交流しながら、世界にひとつだけのオリジナルケーキを作りました。時間も忘れ没頭し、大作が数多く生まれ、おいしくいただきました。

 調理や工作をとおして、子どもたちが主体的に学び、家族団欒の時間がたくさんできました。大人も子どもも、すごい集中力と想像力で活動されており、いきいきとした有意義な2日間を過ごせていただけたのではないでしょうか。参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。

0

主催事業「星空を見よう!(ふたご座流星群)」

 12月12日(土)~13日(日)に主催事業「星空を見よう!(ふたご座流星群)」が行われました。

 12日(土)は、朝から天気予報は晴れマークでしたが、空を見上げると雲が多く、心配しながら参加者を迎えました。

 体験活動Ⅰとして「一番星を見よう」、「木星と土星のコラボ」を行いました。木星と土星は雲の隙間から少しだけ見ることができました。また、一番星を見つけた参加者は大きな声をあげていました。

 体験活動Ⅱとして「大滝の星空を観察しよう」では残念ながら、厚い雲に覆われ観察ができなかったので、本所の星の講師の方に「はやぶさⅠ・Ⅱ」や「今日の星空」の話をしていただきました。とても熱のこもった話に、参加者の方も聞き入っていました。

 体験活動Ⅲ、本主催事業のメインでもある「ふたご座流星群を見よう」では、参加者が外に出ると雲が少しずつ流れていき、星空が見えてきました。そしてその後は、たくさんの星たちが顔を出し、天の川まで見えました。そして、流れ星が流れるたびに大きな歓声が上がりました。参加者の嬉しそうな顔を多く見ることができ、流れ星を20個以上見られたという声もいただきました。

 2日目の早朝、体験活動Ⅳとして、「月と金星のコラボ」を行いました。日の出前の東の低空で、接近した細い月と金星の光景は、みごとでした。双眼鏡や望遠鏡で観察したり、写真に撮ったりすることができました。その後、体験活動Ⅴとして「星座クラフト」を行い、とてもきれいなお土産を作ることができました。大人も子供もとても集中して作業をすることができました。

 本事業を通して、星の素晴らしさを感じ、充実した時間を過ごしていただくことができました。ぜひ、これからも星に興味を持ち、星空を眺めていただければと思います。

 

0

「秋の風を感じて、BMX体験!」事業が無事行われました

 11月23日(月)勤労感謝の日に、晴天の秋空のもと「秋の風を感じて、BMX体験!」が行われました。

 午前中は、秩父滝沢サイクルパークの皆様の協力を得て、BMX体験を行いました。初挑戦に最初は緊張して強張った表情が多かった子供たちが、講師の先生方のていねいで温かいご指導のもと、みるみる上達し、最後は上級者コースを回れるまでになりました。倒れても、転んでもなお挑戦し、できる喜びに満ちた表情に変わっていく参加者の皆様を見ることは何よりの喜びでした。

 午後は、プラザへ移動し焼き板体験を行いました。葉っぱのプールの中から材料を探すところから始まり、焼き板クイズで楽しく学び、かまどに薪を組んで火を起こし、板を焼いて磨いて、盛りだくさんの内容でした。日も西に傾き、気温が下がりましたが、焚火にあたり温まり、ゆったりとした時間の中、活動することができました。実際に手に触れ、においを感じ、大変満足していただけました。

 参加して下さった皆様、ご指導いただきました講師の方々に、心より感謝申し上げます。

 

0

10月29日に日帰りハイク事業を行いました。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ハイク事業が実施できない状況が続きましたが、ようやく今年度初の日帰りハイク事業を29日(木)に実施しました。国立公園70周年ハイク「大滝・三峰を行く②」と銘打って、本来であれば3回シリーズだったのですが、2回目からの実施となりました。新規申し込みの方も多く、15名の方と楽しく三峰神社の奥宮を目指して歩きました。出発前には、三峰ビジターセンターの斎藤様から道中の見所や大滝の自然について講話をいただき、動物と植物の関係を学びながら歩くことができました。

 気候も良く、色づいた紅葉が私たちを迎えてくれたので、とても気持ちのよいハイキングとなりました。苦労してたどり着いた「天空のお社」は、荘厳で、祈願をされた方々によいことが訪れる気配を感じました。一緒に、道中を楽しんだ仲間たちとの出会いをうれしく思います。参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。シリーズ第3弾を3月に予定しておりますので、またのご応募をお待ちしております!

0

そばガレット・ドラム缶ピザ 研修

先日、出前・日帰り主催事業の研修で、そばガレットづくり、ドラム缶ピザづくりを行いました。

ドラム缶ピザでは、生地をしっかり一時間ねかせるとモチモチになることがわかりました。

そばガレットは、秩父名物のそば粉を使って皆さんが喜ぶものができないか考え、挑戦してみました。そば粉の生地がとても素朴な味で、とても美味しくできました。

11月14日・15日に日帰り主催事業も計画されています。興味を持たれた方は、ご参加下さい。

0

大滝の秋を感じながら

 大滝げんきプラザでは、10月になり、秋を感じるようになりました。感染症対策を十分に行いながら、施設利用を再開しました。団体の皆様も、感染症対策をしっかりと行いご利用いただいています。やはり、宿泊利用者がいることに喜びを感じます。ここ数日は、中秋の名月、火星準大接近、木星・土星の観察と観察にも最高でした。本日から天気が崩れて、りゅう座流星群が見られず残念です。一度大滝に足を運んでいただき、夜空を眺めてみませんか?

 

0

そば栽培 パートⅡ

春にそば畑を開墾し、春蒔きのそばも7月上旬に、無事に収穫することができました。

もう一度同じ畑に秋蒔きとして、そばの種を蒔きました。

春蒔きと秋蒔きでの違いなどにも注目しながら観察していきます。

先日9月8日(火)に蒔いた種も、12日(土)には、かわいらしい芽を出していました。

 

0

国立公園70周年記念ハイクの下見調査

 

9/7 大輪から三峰神社までのハイキングルートを散策しました。5日夜の大雨のため、登山道には水が流れ出しているところもありましたが、竜門の滝、清浄の滝の水量が多く見事でした。途中、森林と渓谷を肌で感じ、有意義な時間を過ごしました。団体利用の方々へのアドバイスができるようハイキングコースも定期的に登っています。

 

0

ヤマボウシ

 

 大滝げんきプラザのセンター棟入口付近のヤマボウシの木には、ピンクの実がなり始めました。毎年に利用者でいっぱいの夏も今年は静かに過ぎようとしています。

 9月1日より、9月日帰りハイク・10月主催事業の受付が始まりました。日帰りハイクは、半日で定員となり、主催事業も続々とお申し込みをいただいている状況です。申込み状況を見るだけで、職員一同、事業ができる喜びでいっぱいです。また、皆様のコメントを見ると「大滝げんきプラザの主催事業を待っていてくださったのだなあ」ということが感じられます。

 とはいっても、新型コロナウイルス対策は必須です。本所では、新型コロナウイルスに係る受入ガイドラインを策定し、万全な体制で皆さんをお持ちします。利用者の皆様が来られるのを心待ちにしています。(所長)

 

0

8月21日 ハイク下見

先日、9月に行われる皆野アルプスハイクの下見を行いました。朝から高い気温で破風山山頂に着く頃には汗だくになりました。しかし、頂上からの景色は、正面に武甲山、眼下には横瀬・秩父・皆野の町並みが見え、とても素晴らしかったです。

本日は、10月に行われる国立公園70年記念ハイクでの三峰神社から妙法ヶ岳(奥宮)へのハイクの下見を行いました。こちらもとても素晴らしい景色を見ながら気持ちよく歩くことができました。

両日とも、天候に恵まれ、皆様と一緒にハイクができることを祈っております。

0

8月4日 トンボが遊びに来ています

トンボの体の特徴は、2つの大きな複眼と分厚い胸部、細長い胴体です。移動のほとんどは飛行です。

オスは強い縄張り意識をもち、繁殖期には縄張り内に入った他のオスを威嚇して、激しく争う姿も見られます。このことからも「空中最強の昆虫」と呼ばれているそうです。

先日梅雨明けし、山の下では、連日気温が高くなっています。先日まで見られなかったトンボが、大滝げんきプラザの涼しい場所で避暑を楽しんでいるように飛んでいます。

 

0

7月17日 新型コロナウイルス拡散防止対策 2

新型コロナウイルス拡散防止対策の一環として、研修棟研修室のレイアウトが変わっております。

研修室、個人机の部屋では机を間引きし、3人机の部屋では椅子を間引きしました。ソーシャルディスタンスを保ちながら、研修や学習を行うことができます。

本所ホームページの重要なお知らせの所に、新型コロナウイルスに係るガイドラインも併せてご覧下さい。

0

7月9日 新型コロナウイルス拡散防止対策 1

新型コロナウイルス拡散防止対策の一環として、センター棟ロビーで作業をしました。

センター棟ロビーの受付・打合せ場所には、パーテーションを設置し飛散防止の対策をしました。また、皆様が休んでいた安楽椅子も撤去しました。そして、換気をよくするために送風機を設置しました。

利用者の皆様が、安心して施設を利用できるよう、これからも、新型コロナウイルス拡散防止対策をしていきます。また、その際は、ブログにて様子をお知らせします。活動の際の参考にしてください。引き続き、他の活動場所で作業を行います。

0

6月28日 そばの実

畑に植えたそばに花が咲き、その花の中に少しずつ三角形の黒い実がつきはじめました。

このあとしばらくしたら黒い実を収穫していきます。収穫した黒い実のことを「玄そば」といいます。「玄」とは「黒い色」という意味です。粒の形はほぼ三角形で、この形状(角ばっている)から「そば」という名称が起こったとされています。

今、そば畑には白いたくさんの花が咲いていますが、どのような匂いがする分かりますか?白い綺麗な花からは想像できない匂いです。

0

6月20日 大滝げんきプラザ周辺で見られる生き物

先日、大滝げんきプラザへ来る途中の林道で、鹿を目撃しました。

シカの白い尻毛を尾鏡(びきょう)といいます。緊張すると臀(でん)部の筋肉の動きで、白い尻毛が逆立ちます。群の仲間に警戒を喚起する役割もあるそうです。

その他に、はっきりと確認はできませんでしたがも目撃しました。

鹿は、こちらを振り返り人間がどのように動くか観察していて、狸は、こちらを振り返ることなく一目散に山の中に逃げて行きました。逃げる際の行動にも違いがあるのに気づくことができました。

林道は、多くの生き物がいます。本所にいらっしゃる際は、野生の生き物にお気を付けください。

0

6月14日 霧の景色

【なぜ霧は発生するのか】

空気には、水蒸気を含むことができる量に限界があります。中学校で習う飽和水蒸気量です。
その限界は、温度が高いほど大きく温度が低いほど小さくなります。雨が降った時には、空気中の水蒸気の量が多くなります。そして、温度が下がって限界に達すると、含みきれなくなった水蒸気が水滴として出てきて、霧になります。

秩父では、朝方に高い場所から見られる秩父雲海などが有名ですね。秩父観光なびのホームページなどに、雲海の様子が載っているので、見てみて下さい。

 

0

5月31日 バッタの・・・

先日、本所HPにも写真を載せましたが、ウスバアゲハとバッタの幼虫を発見しました。ウスバアゲハは完全変態(卵→幼虫→蛹(さなぎ)→成虫)で、バッタは、蛹(さなぎ)の時期がない不完全変態です。

バッタは幼虫の時、翅(はね)がなく、成虫になると翅(はね)があり、見た目があまり変わりません。

本所では、よく見かけるあのくさいにおいをだすあの虫も不完全変態です。なんだか分かりますか?ヒントは、”カ〇〇〇”です。

完全変態・不完全変態は、小・中学校で学習しますが、実際の生活の中で見つけられると楽しいですね。完全変態・不完全変態には、ほかにどのような生き物がいるか調べ、実際に探しに行くと面白いですね。

0

5月31日 そば畑 防鳥網はり

本日で5月も最終日となりました。緊急事態宣言での外出自粛など苦しい生活が続きましたが、6月は明るいニュースが多いとよいです。

そばの花も咲き始めたので、鳥や猿からそばを守るために防鳥網をはりました。そばもすくすくと育っています。

0

5月23日 そば畑 間引き

そばの芽も大きく育ってきたので、間引きを行いました。

そばの芽も、間引きしたことによって、これから大きく育ってくれることでしょう。とても楽しみです。

間引き中、たくさんの生き物が遊びに来てくれました。

0

5月13日 職員作業

天気も良く作業日和でした。山の上は、お昼の時点で気温21度、湿度27%と作業しやすい環境でした。

大滝げんきプラザの所内に入ってくる場所の土止めの木が痛んで腐食が進んでいたので、新しいものと交換をしました。

0

5月5日 自然観察

本日、午前中はとても天気が良く、暖かったです。

本日、所内の危険個所の点検をしつつ、綺麗に咲いている花の観察も行いました。

みなさん、この中でいくつの花がわかりますか?全部わかる方は、お花のプロです。

0

5月4日 職員研修

職員研修として、枝と毛糸を使ったクロスウィービングの教材研究を行いました。

クロスウィービングの作り方は、とっても簡単です。

①用意するものは、枝2本、毛糸、ハサミです。

②2本の枝を、毛糸で結びます。

③1本の枝で、毛糸をくるっと回し、次の枝へいく。これの繰り返しです。

④途中で毛糸の色を変えても、きれいです。

⑤毛糸の結び目は、裏にくるようにすると、表がきれいになります。

⑥自分の好きな大きさまで毛糸を巻いていきます。

⑦最後に、毛糸をとめる時は、片結びのように結びます。

⑧そして、完成です。

ぜひ、おうちでも試してみて下さい。

0

5月3日 そばの芽の成長

5月2日、秩父地方は最高気温32度と真夏日になりました。本日、5月3日も暑くなりそうな気候です。

そば畑の土がだいぶ乾いていたので、水をまきました。ご存じの方も多いと思いますが、植物などへの水やりの際、朝のうちにまくと良いとされています。日中の30℃を超す炎天下の中で水を与えると、土内の水の温度も上昇してしまうため、根を傷める原因になってしまいます。

本日、そばの身体測定をしましたが、背が4センチメートルほどに大きく育っていました。

0

5月1日 そばの芽

ここ数日、暖かい日が続き種蒔きしたそばの種も、ほとんどが発芽しました。

畝を作り種を蒔いたところは、そばの芽が「前、ならえ!」をしているかのように、かわいく一列に芽を出しています。

まだまだ天気の良い日が続くので、少し水まきをしたいと思います。

そばの芽は、発芽して成長した後は、あまり水が多くても良くなく、乾燥気味に育てるのがコツです。

2

4月30日 自然観察

3月下旬、大滝では30センチメートル近い積雪がありました。

数日後、施設点検のため敷地内を歩いていたところ、野生動物の足跡と雪の上に体毛を見つけました。

雪解けが進み、足跡の形はわかりにくくなっていますが、おおよその形はわかります。さて皆さん、冬毛から夏毛に生え変わるために落ちたこの体毛、どんな動物の落とし物かわかりますか。

ヒントは、やわらかく、白みがかった灰色です。足跡の形もヒントです。

0

4月29日 大滝の大自然

①「ピーヨロー」②「ホーホケキョ」③「キュウィッキュ キュウィッキュ・・・」

ハンターゲームの点検をしていると、大滝の雄大な自然が迎えてくれます。いろいろな鳥の鳴き声が、静かな森の谷間に美しく響き、まるで森の合唱団のようです。①は4年生の音楽にも出てくる有名なあの鳥です。②は春の代名詞とも言える超有名なあの鳥です。口笛で真似をしたら答えてくれているようで、会話をしている楽しい気分になりました。③はかわいい鳴き声はするのに、姿は全く見えません。鳴き声からしておそらく、全長11 cmほどの日本のカラ類の中では最小の種とされる黒褐色のあの鳥だと思います。皆さん、調べてみてください。

また、植物も色とりどりの顔を見せ、楽しませてくれています。まず目を引くのが研修棟のヤマザクラ。白く美しい花を無数に咲かせ、満開です。体育館脇の25mほどそびえ立つカツラの大木は、ハートの形のかわいらしい若葉が2㎝ほどになりました。滝沢ダムの谷向こうは少しずつ新緑を増やし、緑が濃くなってきました。そして、本所のシンボルともいえる多目的広場1のヤマザクラの大木は、蕾がパンパンに膨らみ、今にも開花しそうです。植物たちは、しっかりと次の季節に向けて準備を進めているのですね。

私たちも、皆様の御利用が戻ってくる日に向けて、しっかりと準備を進めてまいります。

 

 

0

4月29日 ハンターゲームの教材研究

現在、所内で行われている「ハンターゲーム」は、地図を頼りに所内に掲示してある動物たちの看板を見つけて回るゲームです。この学習効果をさらに高めるために、裏面に動物の写真と生態を加えた図鑑形式のゲームへと改善するために所内を巡ってきました。皆さんに挑戦していただける日が待ち遠しいです。

在宅の時間が長いこの時期だからこそ、みなさんも自分の図鑑を作ってみてはいかがですか。

0

4月28日 そば畑への網張

先日も報告しましたが、そばの芽がたくさん発芽しました。

そうなると怖いのが動物です。今日は、鹿や猪から作物を守るために防獣柵を設置しました。

これで一安心です。これからも成長を見守り、栽培方法を学んでいきたいと思います。

0

4月26日 ストーンペインティング研修

「在宅で時間に余裕があり、何かしたいな」なんて思いませんか。

4月5日に紹介しましたストーンペインティングのコツを実践しながら紹介します。

今回のテーマは、在宅中の子供たちを励ます「メッセー字」!

「夢ある限り 努力は無限!! ~継続は力なり~」

この言葉は、常に笑顔と元気で困難に立ち向かい、道なき道を開拓してきた女子野球界の先駆者、片岡 安祐美さんがよく口にされる言葉です。

在宅ばかりで、窮屈で「辛い」かもしれませんが、あと一を足せば「幸せ」です。

皆さん、明るく前向きに頑張りましょう!

①身近な石を選び、よく洗って乾かし、デザインを考える→②細い油性ペンでレイアウト(後で色を付けていくとき細かな修正が可能なので、ここは大きさを決めるくらいで、形は大雑把でも可)→③色を付ける(本所はポスターカラーを使用)→④今度は先に色で大雑把に文字を書く→⑤油性ペンで上からていねいに文字を書き加える→⑥カラーで水玉を作り、その中に文字を書く→⑦側面にもメッセー字→⑧完成!

意外とはまって、身近な石が宝の山に見えてきます。

ぜひ、やってみてください。

4

4月26日 発芽?

春探しの途中で、そば畑に立ち寄りました。

すると、畑の中心部分に何やらかわいい緑の影を見つけました。

柵を開け、入ってみるとかわいらしい若葉が開いておりました。

これは、そばの芽なのでしょうか。

これからが楽しみです!

0

4月26日 穏やかな春びより

今日のプラザは、風が無くとても穏やかです。

陽ざしもポカポカと温かく、すごく気持ちがいいです。

本来ならば、本日も御利用予定であった団体もありますが、今は利用者の皆様の姿が無く、寂しいです。

皆様に大滝を思い出していただきたく、オリエンテーリングコースの点検がてら春を探してまいりました。

青空をバックに、色とりどりの花がきれいですね。

空はつながっています。

一日も早く皆様にお会いできる日を、心待ちにしております。

 

0

4月25日 職員作業

本日より、9~3月の土日祝日の一般団体の一次受付が始まりました。

本日も出勤した職員は、電話受付と外での作業との2組に分かれて業務を行いました。

外での作業では、今まで炊事場周りに段差があり危険な場所がありました。その段差をなくすために砂利を敷きました。

利用者の皆様が安全に楽しく活動できるように、点検を行い、作業に努めています。

2

4月24日 職員研修 焼き板

新しい体験活動のプログラム作りとして、焼き板の研修を行いました。

地域の材木店から見本としていただいた木を使いました。今回は、研修として様々な大きさの板で焼き板に挑戦しました。

焼いた板をたわしで擦り煤(すす)をとり、布で磨きます。そして文字を書いて完成です。

板を焼く前に、デンプン糊で文字を書いたのを焼くと白く残り、綺麗な焼き板(大の文字)ができました。

焼き板への、'大滝げんきプラザ'の焼き印にも挑戦しました。

0

4月23日 施設点検・自然

本日の午後は、施設の点検を行いました。野外炊事場・多目的広場・遊歩道の点検を行いました。

施設点検途中、本所の入口の所に、綺麗な枝垂桜とハクモクレンの花が咲いていました。

本来なら、多くの方に見に来ていただきたいところでが、外出自粛中ですので、写真で皆様にお届けします。

0

4月22日 動物の足跡 パート2

ロビー棟前の多目的広場に動物の足跡がありました。前回の4月16日の足跡と少し違いました。

先日の動物の足跡は鹿でしたが、本日の足跡はイノシシでした。鹿の足跡に比べ、土が深くえぐれていました。

げんきプラザ所内を多くの動物が散歩をしています。

0

4月18日 職員研修

本所職員が、大学生の時に作ったという竹の名札をお手本に、職員研修を行いました。

なたで竹を細く割り、カッターや小刀で薄くします。薄くなった竹を編んで、名札を作りました。

そして、裏側にボンドを塗り、固めていきます。ボンドが固まったら、表に名前を書いて完成となります。

体験活動として行う際は、どのようなことに気を付けたらよいか、どのような工夫ができるか、対象年齢はどの位か、など話し合いながら研修を行いました。本日のように、新しい体験活動のプログラムを開発中です。

 

0

4月16日 開墾しました

開墾とは、山野を切り拓き耕して、新しく田畑を作ることです。

本所の体験活動の一つで、今回そば作りを行うため、職員が体験しました。

さかさ掘りを行い、土中の石を取り除き、整地して体験用畑を整備しました。

なお、今回の開墾では、以前利用者の方が開墾した場所を活用しましたので、通常より作業が容易でした。

開墾を体験していただいた皆さん、ありがとうございました。

0

4月16日 動物の足跡

本日も朝から気持ちの良い気候です。

センター棟前の多目的広場に、動物の足跡がありまた。大きな足跡・小さな足跡があり親子かなと推測されます。多目的広場で気持ちよく走り回ったような足跡です。

みなさんは、この足跡は何の動物かわかりますか?もし分かりました、コメントを下さい。

2

4月14日 雪景色

昨日、平地では大雨でしたが、標高の高い山では雪となったところもありました。

所内からとてもきれいな景色を見ることができました。写真を通してと肉眼で見るのとでは迫力が違いますが、きれいな景色のおすそ分けです。所内から見える白泰山もとてもきれいでした。

秩父市内から大滝げんきプラザに来るまでの国道140号に積雪はありませんので、ご安心ください。

0

4月11日 自然観察研修

所内には、どのような植物があるのか、自然を観察し研修を行いました。クラフトに使えそうな松ぼっくりもたくさん拾うことができました。他には、アカマツやカラマツ、ドイツトウヒ、ヤシャブシ、ヤマハンノキなどを見つけることができました。

皆さんのおうちのそばで、見たことのあるものは写真にありましたか⁈

0

4月11日 体育館用具庫の整理

 皆様に気持ちよく利用していただくために、体育館並びに多目的広場①の用具庫をきれいに整えました。

「使いやすくなったよ」と言っていただけるよう、掲示物も作成し、きれいな状態を次の方につなげていけるようにしてみました。名付けて「マナーのバトンパス」。御利用の際は、御協力ください。

体育用具庫の写真

0

4月10日 環境整備と自然

センター棟前にある一番大きな多目的広場の整備を行いました。みなさんがここで、気持ちよく活動をしたり、キャンプファイアを行ったりする姿を、早く見たいですね!

また、多目的広場には松があり、下には松ぼっくりがおちています。松ぼっくりは、「森のレストラン」などの作品作りにも使うことができます。

2